Top > にきびとは

にきびとは

にきびはできる箇所にかかわらず誰にとっても悩みのタネだと思います。にきびとは、一般的に過剰な皮脂分泌を原因として毛穴が詰まってしまうことから起こす炎症のことをいいます。具体的には皆さんご存じの通り、患部が赤く腫れたりして細菌感染で膿んでしまい、痛みをともなうこともあります。

よく10代などの若い世代ににきびができやすいので「青春のシンボル」みたいな言われ方もしますが、けっしてそうではなく、にきびは皮膚の病気で医学用語で尋常性座瘡と呼ばれています。そのうちに治るだろうと軽く考えていると悪化して後悔することになりますから油断してはいけません。
10代の若い世代ににきびの発症率が高いのは、この時期の皮脂分泌量が特に多いからです。従って脂性肌の人の場合は中年になってもにきびに悩まされることがあります。

にきびで最も周囲しなければならないのは、初期治療を正しく行うことで、この初期治療がうまくいった時はいいのですが、これを怠ると悪化して炎症し、治った後ににきび跡が残ってしまいます。一度にきび跡ができてしまうと、これは自然にはもとの肌に戻ることはありませんから注意しなければならないのです。若い時期ににきびは仕方ないなどといって放置せずに、正しいにきびケアと治療をするようにしましょう。

 

 トイレ  カラーボックス  盗聴  引越し
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
専門クリニックでの治療(2009年9月11日)
背中にきびのケア(2009年9月11日)
にきびのできる場所(2009年9月11日)
にきびの種類と原因(2009年9月11日)
にきびとは(2009年9月11日)